rebellion -たいせつなもののために-

RD-Sounds果然很會虐人麻…

別再搞什麼兩人分離的故事好嗎orz

 

rebellion -たいせつなもののために-
Origin:少女秘封倶楽部|蓮台野夜行
Vocal:3L
Arrange & Lyrics:RD-Sounds
Circle:凋叶棕 (RD-Sounds)
Album:騙 -katari-
Event:C82

—————-

空虚な町の灯に埋もれるように
一層空っぽの目をした、漂流者。

在虛無一片的城市下 被微弱的光線所照耀著
燈光映照著的 是眼睛中充滿徬徨的 漂流者

見えないこの何かを暴こうとして
見えないその何かを、「独り」で、探している。

努力地 找尋著我一直沒發現的東西
一直 孤獨地 找尋著我所失去的「它」

ずっと独りきり、十分にやってきたのに、
心のどこかに深い欠損を負ったみたいで。

孤身一人 來到此地 仍然找尋著
內心深處的缺口 仍然所缺的「它」

心に小さな棘が刺さったみたいに
得体の知れぬ何かに責められる想い

內心的缺口 有如荊棘般使我心痛不已
那難以理解的情感 有如譴責著我般

失くしたらしいピースの一つごときが、
ああ、どうしてこんなにも私を、戸惑わせるのか。

這一切 有如我失去了人生的一部分一般
啊 一直令我感到困惑的 到底是什麼?

歪んでいる何かを確かめたら
この想いも消えてくれるだろうか?

如果 我能找到這一切的真相
這情感會消失嗎?

やり場のない想いに動かされ
無性にただ、叫びたい。

那情感 使得我走投無路
現在的我 只想瘋狂地大喊

でも、何を叫べばいいのかさえも、
誰も教えてくれはしないんだ。

但 我卻不知道該怎樣大喊
也沒有人能告訴我…

見つからぬ言葉は嗚咽となって、
弱弱しく漏れていく。

那仍找不到的字眼 最終化為嗚咽
從我不斷發抖的口中 慢慢地流出

心が、ざわついて、いる。

我的心 變得失常起來

…涙の、わけを、教えて。

有誰能告訴我 我在哭…

心が勝手に何かを否定してる。
「こんな現実は、嘘だ」と喚いている。

內心一直否定著「它」
不斷欺騙著自己 「這所謂的現實 只是謊言而已」

もしも、全てが、偽りの中に居て、、、
歪んだ現実に埋もれているとしたら…?

如果 這一切都是虛假的?
如果 我只是被埋沒在被歪曲的現實之中?

何かを、忘れている。

我 忘記了「它」

何かを足りずに居る。

我 失去了「它」

思い出せ!

記起來吧!

それが、何で在ったのか。

到底「它」是什麼?

たいせつなもの、だったはず。

「它」 一定是對我來說 很重要的

かけがえのないもの、だったはず。

「它」一定是對我來說 無可取代的

“わたし"にとっての、たいせつなもの?

對我來說 最重要的東西 是什麼呢?

…わたしの、

我的…

…そうじゃなく!

…不,不對!

…"わたしたち"の、

我們的…

…ああ!!

…啊!!

どうして忘れていたんだ、その名前を!
引き離されたもう一人のことを。

我怎可能會忘記那名字呢!
忘記了我們分離的原因 忘記了我孤獨的原因

忘れたいと思ったことなんてなかったはずなのにね。

我一直都逃避著 我忘記了「它」的事實

体の奥から込み上げる熱が、
怒りとなって、迸り始める。

內心 變得憤怒起來
有如波濤般 從心中湧出來

独りで消えていってしまうなんて、絶対に許さないから。

你怎可以這樣地獨自一個人消失了 我 絕對不會原諒你的

どこまでだって追いかけて、
名前をもう一度呼ばせるまで。

無論要走到何方 我一定會找尋著你的
直至 我能再次呼喊你的名字為止

もう諦めるものかって、この心に誓うよ。

我永遠 都不會放棄,我在心中發誓

二人の間を引き裂いた、
全ての幻想に立ち向かうため、

阻礙著兩人相遇的幻象
不知不覺間 慢慢地消失了

いつもの始まりの言葉で、今一度、幕を開けよう。

再一次地 我能夠呼喊著你的名字 那對我無比重要的名字

「ねぇ、メリー!」

「吶 梅莉!」

廣告

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 / 變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 / 變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 / 變更 )

Google+ photo

您的留言將使用 Google+ 帳號。 登出 / 變更 )

連結到 %s