紅蓮に穢れしモノ

原本想再偷懶一段長時間,結果因某事只好被迫提早更新了….

我會記恨的!!!!!!!

—————

關於歌曲背景我還是不太想把自己所想的說出來,想交給大家想像,不過如有人需要的話我還是會把我的想法說出來的啦

歌詞方面一貫地 不保證完全保留原意

—————-

紅蓮に穢れしモノ
Vocal&Lyrics: 少女病
Arrange: RD-Sounds

————

「嘗て権勢をふるった若き亡国の王は、
力弱き民を従えて巨大な塔を建設していた。
星に手が届く程の高さまでその威容が達した暁には、
神に並ぶ立場で対話を果たしたいと願って――――」

「昔日掌握權勢的年輕亡國之王
強迫著無力的平民建設那巨大的塔
有著就連星星也能觸到的威容
祈求著能實現在與眾神匹敵的立場下談話――――」

犠牲の鍵と 凝結せし偽聖の顎門 神の領域踏み込んだ 不死なる亡国の王
紅蓮に堕ちて 乖離する蒼の継承者 無式の意識 青嵐に身を委ねた

犠牲之匙是那凝結的偽聖的下顎 踏入了神之領域 化為不死之身的亡國之王
墮進紅蓮中 背離了的蒼之繼承者 無形的意識下 把己身交托了給青嵐

斬り刻め いつか眺め失ったその幻想を
乞われ壊れ奪った最愛の生命に 虚ろな意思を死を捧げるように

把不知何時不再所望的幻想斬碎
為了把這破壞一切的生命獻給死亡

抗え蒼き異端者よ【heretic】 血に染まった運命に躍れ
交錯する永劫と虚無の 狭間に永遠に囚われて

抵抗的蒼色異教徒 跳出被血所染上的命運
被永遠囚在狹間的 交錯的永劫與虛無

従え紅き無秩序に【Chaotic】 戦火の果て粉塵に穢れた
はじまりの場所 呪われたこの地で天へと叫べ 狂気の継承者【successor】
変わり果て朽ちた風景を背にして

帶入紅色的混沌 戰火盡頭被沾污的粉塵
在被詛咒的起始之地 往天吶喊的瘋狂的繼承者
背負著眼前那早已枯朽的風景

苦痛の仕儀と 悲痛な声音はまるで死人
全能感の偽装飾【veil】は時を経て剥がされた

伴同著苦痛的情景 悲痛的聲音就像死人般
經過時間洗禮 被剝下的全能感的偽裝飾

ルールとレーレ 幼き双子の殉教者 尊きその名を
あの聳え建つ塔【Babylon】に刻んで

露露與蕾蕾 幼小的雙子殉教者 其尊貴的名字
被深深刻在那聳立之塔中

本当に欲しいモノは 何一つ手に入らずに
ついに終に失意に蝕まれた王の 奇妙な暴走は矜持を捨てて

真實想要的東西 一個也沒入手
最終 被失意所侵蝕的王 奇妙地暴走 捨棄了矜持

打て紅蓮を纏って 導火線に業火を燈して
名も知らぬ神の御許へ強く 撃ち抜け射抜け天へ向け

纏上了紅蓮 在導火線上燃起了業火
在不知名字的神明座前 強力的一擊 射向了天空

偽りを奏でよう 血の呪いをここで終えるために
はじまりの場所 蒼を失いし地で想い焦がせ
狂気の後継者【successor】
「……さよなら」
終わりゆくこのセカイに
流れゆく血の涙に あの日壊した美しい永遠に――――

為了在此終結那血的詛咒 奏起了虛偽
在失去了蒼的起始之地 心焦著的
瘋狂的後繼者
「……再會了」
在迎向終結的這世界裡
所流下的血淚 永遠在這崩壞美麗的那天――――

まるで満たされない感情のまま どれだけ血を見ようと
不死の牢獄に光が指すことはないから

就像永不被滿足的感情般 到底要看到多少鮮血…
只因在不死的牢獄裡 是不會有任何的光明照耀著的

これほどに高く塔を創った 真実の理由は
愛する妹達のいる場所に辿り着くために――――

創建了如此高的塔 真實的理由…
只是為了能到達親愛的妹妹們所處的地方――――

撃て紅蓮を纏って 導火線に業火を燈して
名も知らぬ神の御許へ強く 撃ち抜け射抜け天へ向け
偽りを奏でよう 血の呪いをここで終えるために
はじまりの場所 蒼を失いし地で想い焦がせ 狂気の後継者【successor】
変わり果て朽ちた風景を背にして
――――多分、ささやかな絶望を抱えて

纏上了紅蓮 在導火線上燃起了業火
在不知名字的神明座前 強力的一擊 射向了天空
為了在此終結那血的詛咒 奏起了虛偽
在失去了蒼的起始之地 心焦著的瘋狂的後繼者
背負著眼前那早已枯朽的風景
――――或許 也懷抱著那微薄的絕望

「塔が落成し、彼がその頂から天を見上げたその刹那、
神の怒りが雷鳴に轟いた。
巻き起こったのは、居合わせた者が“世界の終わりか”と
祈ることしかできぬほどの局地的な天変地異。
塔は不敬を償うかのように崩壊し、
不死であるはずの王は眩い光と共に消え去る――――」

「在塔落成 他在那頂端看著天空的一剎那
神之怒伴隨雷嗚落下
掀起了混亂 在場的人與「世界的終末」
只能祈禱這只是局部的天地異變
作為不敬的代價 塔倒下了
理應不死的王 伴隨炫目的光芒中消失了――――」

「ふふっ、この結末を望んでいたのね? でも、本当に死ねたのかなぁ……?」

「呼呼 才不希望這樣的結局呢?只不過 還真的是死了呢……?」

climactic cry

呃…好吧總算迫自己生產出這次的文章了

星葬ドラグニル,遊戲設計不錯,但劇情過短過快,角色個性什麼的還沒很好地形造出來就已經結局了

普,銀,金寶箱系統超花時間不切實際(雖然我很M地全收集光了)

可惜啊….SE算是失手了嗎?

———–

此曲,為最終戰的BGM,歌詞其實很合適遊戲的(但同樣地,基本上需要玩過才對歌詞一些部分更有共嗚)

因某些因素,影片就不公開了,大家明白的……

對於youtube的訂閱者…..希望有好運地點進來發現我其實有偷偷地更新吧(?)

climactic cry
Vocal&Lyrics: 少女病
Arrange: ピクセルビー
星葬ドラグニル挿入歌

歌詞前小註:關於偽典,大家還是去維基搜尋一下比較容易明白意思

——————–

薙ぎ払えその手で 選ばれし運命に刻まれた者よ
解き放った光はこのセカイを 繋ぎとめるための鎖だ

以那雙擊倒一切的手 被選定刻畫著命運的人啊
被解放的光 只為了聯繫著這世界之鎖

雷鳴の華が罪過の月を切り裂いた
磔にされた 滑稽な真実の廃墟【ruin】

雷嗚之華切過了罪過之月
被釘在十字架上的 是那滑稽真實的廢墟

十字の杭を打ち込んで 崩れた絶望の墓標に
血塗れた偽典の観測者が奏でる 因果の旋律【melody】

在崩塌絕望的墓碑上 打進立起十字的樁
染血的偽典觀察者奏起著 因果的旋律

薙ぎ払えその手で 選ばれし運命に刻まれた者よ
解き放った光はこのセカイを 繋ぎとめるための鎖だ

以那雙擊倒一切的手 被選定刻畫著命運的人啊
被解放的光 只為了聯繫著這世界之鎖

書架から零れて落ちた一欠片の愛情
救済という名の それは只死を纏って

從書架上掉落的一小塊愛情殘片
以救濟為名 但其身軀只被死亡所纏著

白む黎明の福音 無価値な呪縛を断ち切った
想いを今は厚い鎧に変えて 負けない力になる

發白黎明的福音 把無價值的咒縛全數切斷
心裡的思念現在變為厚厚的鎧甲 化為了不敗的力量

握り締めたその手は 培った固い絆のように強く
握り翳した剣はこのセカイを
このまま終わらせないために――――

這雙緊握的手 就像堅固的羈絆般強硬
他所努力揮舞著的劍
只為了這世界不因此而終結――――

倒れられない これが最後の試練なんかじゃない
此処から生きていく限り戦いは続くんだ

不可以倒下 現在還沒到最後的試煉
只要還活著 就要繼續戰鬥下去

薙ぎ払えその手で 選ばれし運命に刻まれた者よ
与えられた力はこのセカイを救う為のものだ

以那雙擊倒一切的手 被選定刻畫著命運的人啊
你所賦予的力量 是為了拯救這個世界

燃え滾る決意は 迸る紅き光よりも熱く
振り翳した剣はこのセカイで
これから歩いていくために――――

熾熱燃燒的決意 還比放出的紅光更為織熱
他所努力揮舞著的劍
只為了今後仍能在這世界裡走下去――――

Celestial Diva

抱歉最近開始懶了…

好吧其實不是懶,只是最近網遊的活動很多好康也多害我逃不出來

再加上最近開始沈迷手機遊戲……

呃,沒錯,這次這首歌,是來自手機遊戲, Chaos Ring II的主題曲

(現在在玩星葬ドラグニル)

 

Chaos Ring II的主劇情真的超令人傷心的

而這首主題曲,其實就正正說明了(算是主角吧!?) レシカ (忘了官方中譯名稱)的心情和感受

果然…她是愛著主角的…..

如果有玩過這遊戲的人,大概也會對此曲有深深的感受吧

————-

由於商業版權的問題(一定會被抓啦)

因此就直接選用別人所上傳的音樂了

 

————–

Celestial Diva
Vocal:茅原実里
Lyrics:寶野アリカ
Compose:上松範康(Elements Garden)
Arrange:菊田大介(Elements Garden)

あなたの瞳に墜ちる宇宙が
永遠の世へと輝くなら
捧げましょう
秘めた想い いまsacrifice

在你雙瞳前墮下的世界
要是能永遠地照耀著此世界的話
那我就奉上
心中的願望 現在 為此犧牲

この翼は 天の彼方へ
飛び立つ為じゃなく
最期の瞬間 恋しい人を
包む為にあるの

身上這雙翅膀 不是為了
飛往那天空的另一端
是為了在死前一刻
保護著所愛之人

ましてやこんなに血塗れた
炎色の千の羽なら
凍えた心の奥まで
あたため撫でられる

我這雙被血所染的
炎色千羽之翼
即使是冰冷的內心深處
也能暖暖地撫慰著

風に星に蓮に
生まれ変わっても
ひとりずっと私
あなただけを見つめてる

化成風 化成星星 化為蓮花
即使出身有所改變
這樣的我
也只會注視著深愛的你

閉ざされた時代を生き抜いて
その背覆いそうな闇は
翔る黒い馬 乗りこなせ
きらめく鋼の腕でいつか
真実の平和を 抱きとめるまで

在這封閉的時代裡 掙紮求存
乘上那背後的黑暗
化為飛翔的黑馬
終有一天 那雙閃耀著的鋼腕
將能擁抱著真實的和平吧

蒼穹は奏でるレクイエム
野垂れた者たちの夢沈む大地に

在死者們之夢所沈澱的大地上
蒼穹奏響著給世人的安魂曲

強き神の手で創られた
聳え建つ世界の
始まりは 女神が零した
涙のひとしずく

由強大的神之手所創造
高聳著的世界的
起源 是由女神所落下的
一滴眼淚

だから人は愛を知るとき
哀しみの意味を悟る
今日も美しい夜明けへと
消える魂の蝶

因此 人們在戀愛之時
將領悟到悲哀的滋味
今天也在這美麗的黎明下
消失的魂之蝶

虚無も夢魔も悪も
死をも 恐れない
ここでずっと私
あなただけを待っている

即使是虛無 即使是夢魘 即使是邪惡
就連死亡 也從不為懼
我一定會在這兒
等待你的回答

運命が先にあって
命は選ばれるの?
望みつづけたら 誰にでも
未来は変えられる

所謂的命運
是在生命誕生前就注定了嗎?
假如一直追求著 無論是誰
也能改變自己的未來的

閉ざされた時代を生き抜いて
その背覆いそうな闇は
翔る黒い馬 乗りこなせ
きらめく鋼の腕でいつか
偽りの終焉 断ち切るときに

在這封閉的時代裡 掙紮求存
乘上那背後的黑暗
化為飛翔的黑馬
終有一天 那雙閃耀著的鋼腕
將能切斷那虛偽的終焉吧

目覚めよ光 サンクトゥス
眠れる者たちの夢が生む大地で

在沈睡之者們之夢所誕生的大地上
醒來吧 光的讚美詩

そして私の瞳の宇宙で 生きていて

然後 在我眼前的世界中 生存下去