a transient faith

星期三永遠都是最閒的一天(!?)

—————-

這曲的背景麻

大家也知道早苗原本不是住在幻想鄉

那在現界那邊活著的時候

大家應該都認同是神明們交給某人當作是母親養大著

此曲就是那[母親]的故事

至於此曲到底算不算黑?

只能中二地說 這是現實!

其實也有可能早苗原本就是兩位神明搶回來的,畢竟這次專輯的故事全都是現界魔理沙作夢幻想出來的,不管如何,大家覺得故事是怎樣就是怎樣!

a transient faith
Vocal:めらみぽっぷ
Circle:RD-Sounds
Album:喩
Origin:少女が見た日本の原風景 & 信仰は儚き人間の為に

——————

四月から小学校だね なんて話しながら
穏やかな幸せの中 埋もれているー

四月開始就要念小學了喔 一邊說著相關的事情
就被埋在那安穩的幸福之中

友達でも見つけたの
足を止めて手を振っていたわが子の

她會認識到朋友嗎
我那停下來揮著手的孩子

ーその先には誰もいない。

–在那邊卻任誰也不在

不吉な予感はまるで小波のように

不祥的預感 有如漣漪一般

ねぇ、そこに何かいるの?
…ねぇ、お母さんにも分かるように、教えて。

吶 那邊有什麼嗎?
…吶 以母親也能明白的方式 告訴我吧

この子は答えずに
私の声にも気付いていないようで

但孩子卻沒有回答
就像完全沒留意到我的聲音一般

遠い昔に忘れ去った記憶が
形なき影を纏って突然蘇る

從很久以前已被忘記的記憶
身體如被無形的影子纏繞著 突然想起了

人の身でありながら
神となったはずが
結局求めたのは人の幸せ

以人類的身驅誕生
理應是要成為神明的
最後所尋求的卻是人類的幸福

幸せの証は
此処にこうして居るから
後悔など無いと心震わせて

幸福的證明啊
就在這兒 我的身邊
因此才絕不會後悔 如此確信著

誰を見ているのかわからない
名前を聞いてみてもわからない
それと話しては駄目なのと
呼びかける私に振り向いて

在看著誰呢 完全不能理解
即使嘗試答話 也不能理解
「不要跟『衪』答話」如此喊著
但孩子卻回頭問著

「おかあさん、かみさまっているとおもう?」

「母親,你覺得神明是存在的嗎?」

沈みゆく夕闇に
この子の姿が
とても小さく見えてただ怖かった

在一直下沈著的黃昏裡
孩子的樣子
即使如此微小 看起來卻讓人感到恐怖

何を見てしまったか
もはや確かめもせず
わが子を前にして崩れ落ちながら

到底看到什麼了呢
已放棄去確認了
在孩子面前 崩潰了

この子の見る
神に向かって
溢れる思いを

在孩子看著的
神明面前
把我溢出來的情感…

何故 私をずっと
放っておかれないのですか
背を向けた私を怨んでおいでですか

為什麼 祢一直
一直不放過我呢?
是因為怨恨著我都背向不肯面對祢嗎

何故 今になって
御姿をあらわされたのですか
たとえ捨てたとて逃れられぬ定めなのですか

為什麼 就選在現在
要以神明之姿 在我們眼前展現呢?
抑或這是命運 即使把祢丢棄也絕不能從祢手上脫離嗎

私は 怖かったのです
幸せになりたかったのです

我啊 感到很可怕
明明只是想要變得幸福而已

どうかこの子には手を出さないでと祈る
祈る神が目の前に居たとしても
「儚き信仰」に縋りながら

祈求祢 怎樣也好 不要向我的孩子伸出雙手
即使我所祈求著的神明就在眼前也好
付上我那「虛幻的信仰」

わが子を抱きしめる
強く強く抱きしめる

把自己的孩子 抱緊著
用力地 緊緊地 抱緊著

true outsiders

為了搶首發(!?),好像也沒什麼時間單人潤色了…….

———————–

歌詞方面其實就是在現世百合組在以月的另一方(東方的設定裡,人類可是不知道月球的另一方其實有月民等存在)為目的地前進的故事

歌中就是在說著她們首先對人類未知的東西抱有興趣,即使明知道其真相(月民存在)可能對自己有危險,但仍要嘗試去探求真相,麻,這才是秘封麻

———————–

true outsiders
Vocal: nayuta & めらみぽっぷ

Circle: RD-Sounds
Alubm: 喩
Original: 向こう側の月

註: 1- 未知與 道 是同音,因此歌詞中也運用了此[特性],踏上這路什麼的其實是指探求未知

2- 好奇心和探究心寫和念不一樣,念是用英文念的(找別人幫忙才知道,實在沒想到竟然是英文w)

3-天地念是全て(全部,一切),因此翻譯上也做了修正

4- 沒潤色,請不要那麼用力罵我(倒)

5- 為方便理解其實歌詞旁也儘可能附上了解釋

———————–

人は未知を追いかけて
その道をずっと歩き続けていく

hito wa michi wo oikakete
sono michi wo zutto arukitsuzuketeiku

人總會一直追隨著未知
那道路 將會一直走下去

私達もここから踏み出そう
いまは高らかに!

watashitachi mo kokokara fumitasou
ima wa takarakani

我們也從這兒開始踏出第一步
現在 大聲地說出來吧

たとえば
触れてはいけないものがあって
それにおとなしく従えたらよかったのだけど

tatoeba
furetewa ikenai mono ga atte
soreni otonashiku shitagaetara yokatta nodakedo

假如
世上有著不可以接觸之物的話
就如此順從此禁則的話是很好 可是…

なかには
触れずにいられない者もいて
そんなはみだし者だけでは生きられないのか

nakaniwa
furezuni irarenai mono mo ite
sonna hamidashimono dakedeha ikirarenai noka

如在其中
也有著一定要跟它接觸的人的話
這樣的不適任者就不該存活下去嗎

たとえば
妖それか神でもいいけど
壁一つ隔てた先に何があっても

tatoeba
ayakashi soreka kami demoii kedo
kabe hitotsu hedateta sakini naniga attemo

假如
不管是妖怪還是神明也好
在那一牆之隔裡有著什麼東西的話

あるいは
決まりに合わせて触れられないなら
それは結局この傍には無いものと同じ?

aruiwa
kimarini awasete furerarenai nara
sorewa kekkyoku kono soba niwa naimonoto onaji

又或者
如果決定了不再接觸那東西
那不就跟那東西不存在一樣了嗎?

それはいつもいつも同じところだけを指し示す瞳
だからずっとずっと遠くの風景を望んだ

sorewa itsumo itsumo onaji tokorodake wo sashishimesu hitomi
dakara zutto zutto tookuno fuukei wo nozonnda

那雙眼睛一直一直指示著同一個地方
因此一直一直看著那遠處的風景

「好奇心」ーーー幻想の種を芽吹かせて

curiosity —- gensou no tane wo mebukasete

好奇心 — 幻想的種子已開始萌芽了

月の照らす大空に
映る全てを睨みつけて
まだ見ぬ地平に想いを馳せて不敵に笑う

tsuki no terasu oosora ni
uzuru subete wo niramitsukete
mada minu chihei ni omoi wo hasete futekini warau

在月所照亮著的天空裡
把一切映在眼裡的都盯視著
想到還沒看過的大地 不自覺地笑了      (指月亮的另一方的大地)

知らない世界があるなら
それをけして捨て置けない
この身をかけてさあ飛び出していこう

shiranai sekai ga arunara
sore wo keshite suteokenai
kono mi wo kakete saa tobidashite ikou

如有著未知的世界
那就絕對不能棄之不理
就賭上這身驅 那麼 就往那兒飛著吧

「この幻想を」「踏み越えた先に」

kono gensou wo , fumigoeta sakini

「把這個幻想」「踏過後的另一方裡」

目指す先
誰もまだ知らぬ向こう側の「月」

mezasusaki
daremo mada shiranu mukoukawa no tsuki

目的地是
任誰也還未知道的「月」的另一方

ーーー何も知らないことを力にしていく。

nanimo shiranai koto wo chikara ni shite iku

—以未知的事情作為動力走著

たとえば
触れてはいけないものがあって
それに触れたならその場所を追われる者が居て

tatoeba
furetewa ikenai mono ga atte
soreni fureta nara sono basho wo owareru mono ga ite

假如
世上有著不可以接觸之物的話
接觸了它追尋著那地方的人也存在的話

なかには
触れざるを得ない様な者もいて
そんなはみだし者同士で生きていけるなら

nakaniwa
furezaru wo enaiyouna mono mo ite
sonna hamidashi mono doushi de ikiteikeru nara

如在其中
也有著不懂此禁則的人
這樣的不適任者也有著同伴的話

たとえば
記されたことだけが真実だと
それだけを受け入れて生きていくより

tatoeba
shirusareta koto dake ga shinnjitsu dato
soredake wo ukeirete ikiteiku yori

假如
就只有被記載的是真實的話
與其接受此「真實」活下去…

あるいは
安住の場所なんで無かったって
それならそれでいいと交わす共犯者の笑み

aruiwa
annjyuu no basho nannde nakattatte
sorenara soredeii to kawasu kyouhannsha no emi

又或者
能安住什麼的的地方已經沒有了
既然如此那就再無所謂了 眼神交錯看到的是共犯者的笑顏    (共犯者其實就是指百合組互望啦ww)

それはずっとずっと遠いところを垣間見る瞳
けれどいつもいつもその場所にたどり着けない

sorewa zutto zutto tooi tokoro wo kaimamiru hitomi
keredo itsumo itsumo sono basho ni tadoritsukenai

這是一雙一直一直能窺視著遠處的眼睛
可是一直一直都不能以自己之力走到那地方

「探求心」ーーー幻想の種を芽吹かせて

inquiry, gensou no tane wo mebukasete

探求心 — 幻想的種子已開始萌芽了

月の照らす草原に
映る全てに別れを告げ
まだ見ぬ地平に思いを馳せて胸を高鳴らす

tsuki no terasu sougenn ni
utsuru subeteni wakare wo tsuge
mada minu chihei ni omoi wo hasete mune wo takanarasu

在月所照亮著的草原裡
向映在眼裡的一切都作出告別
想到還沒看過的大地 心裡也在期待著

知らない世界があるなら
それを見ずには終われない
この身の限りさあ踏み出していこう

shiranai sekai ga aru nara
sorewo mizuniwa owarenai
kono mi no kagiri saa fumidashiteikou

如有著未知的世界
那在見識到之前也不可終結
就賭上這身驅 那麼 就往那兒飛著吧

「夢から現に」「抜け出たその先に」

yume kara utsutsu ni, nukedeta sono sakini

「從夢中到現實裡」「往那脫離後的前方」

目指す先
誰も未だ知らぬ「向こう側」の月

mezasusaki
daremo mada shiranu mukoukawa no tsuki

目的地是
任誰也還未知道的月的「另一方」

ーーー溢れる期待だけを抱きしめていたい。

afureru kitaidake wo dakishimeteitai

—只想緊緊地抱著心裡所溢出來的期待

限界など無い!
この道はどこまでだってきっと続いていくの

genkai nado nai
kono michi wa doko made datte kitto tsuzuiteikuno

限界什麼才沒有!
這條路一定是會往哪兒持續下去的

後退など無い!
前へ前へ進んでいこう何が待ち受けようと

koutai nado nai
mae e mae e susunndeikou nani ga machiukeyou to

後退什麼才不會做!
往前再往前走著 一定有什麼在等著的

月が照らす影は二つ
見知った天地を振り捨てて
まだ見ぬ世界に思いを馳せて二人何処まで?

tsuki ga terasu kage wa futatsu
mishitta subete wo furisutete
mada minu sekaini omoi wo hasete futari dokomade

在月光下的是兩人的影子
把已看過的一切都拋棄掉
想著還沒見過的世界 兩人會走到何處?

知らない世界があるなら
それを見ずには名乗れない
秘されたる全てを暴き尽くすのだ

shiranai sekai ga arunara
sore wo mizuni wa nanorenai
hisaretaru subete wo abakitsukusu noda

如有著未知的世界
在看到之前也配不上這名稱         (指秘封俱樂部這名稱)
要把一切隱藏著的都揭露出來

「貴女と私で」「ずっと遠くへ」

anata to watashi de, zutto tooku e

「你和我一起」「一直往那遠處」

目指す先
誰も未だ知らぬ「向こう側の月」

mezasusaki
daremo mada shiranu mukoukawa no tsuki

目的地是
任誰也還未知道的「月的另一方」

ーーー二人でなら、どこまでだって行けるよね。

futaride nara dokomade datte ikeru yone

—兩人一起的話,不管是哪兒也能去的呢

小さな想い

是洋蔥! 沒錯這首曲也有加入洋蔥!

—————–

這次又再次亂來地使用多張背景圖

麻,雖然不知道能不能做出那種效果

不過已經儘力了

歌詞方面大家應該懂發生什麼事的………

大概吧…

唔對了影片風格也改了一下,不過不知道會不會比之前的更好看,大家給點意見吧!

—————-

小さな想い
Vocal: Stack
Circle: 暁Records
Alubm: Lovely Faith -to the beginning 02-
Original: デザイアドライブ

歌詞方面不加註解了,畢竟每次我也在懷疑原意應該沒保留很多

—————–

冬の空が子供の頃は好きで外をみていた
空を見てずっと待った この小さな想い

孩提時代 喜歡在外看著那冬季的藍天
看著藍天一直等著 那小小的感覺

人との生きてく時間の差を知っても平気な顔した
分かるはずないけど分かった 言葉じゃないよ 感じとれた

與人類活下去 即使知道時光有限 我仍掛上了一副冷漠的臉
雖不是完全明白但也懂得的 那不是言語能表達的 如此感覺著

そして、涙は地に落ち大空へと還り君へと降り積もる
舞い散る小さな結晶に込めた聞いてもどうしようもない想い

於是 現在眼淚往地上降下 在你身上累積著
即使道出也已無可挽回的感情 被飄散著的小結晶所包覆

冬の空に二人で雪が降るまで見上げていた
子供のままずっと待った この小さな想い
優しい言葉は動かずいた私の背中を押した
誰のせいでもないよ 私の弱さがずっと食いしばってた

兩人抬頭看著 那下著雪的冬季藍天
從小孩的時候一直等著 那小小的感覺
溫柔的言語 輕輕地推著我的背 但我仍一動不動
才不是誰的錯 我只是常被軟弱所吞噬掉而已

そして、涙は頬を伝い肩へと落ちて私へと溶けてく
過ぎ去る今にこの私の答えを見つけ出せたのならば、言おう

於是 現在眼淚從臉滑到肩膀上 在我身上溶化著
坦白說 假如已錯過的時機還在 我想我能找到答案的…

そして、涙は地に落ち大空へと還り君へと降り積もる
舞い散る小さな結晶に込めた聞いてもどうしようもない想い

於是 現在眼淚往地降下 在你身上累積著
即使道出也已無可挽回的感情 被飄散著的小結晶所包覆